メスを使わずに理想の小顔を作れる美容整形

サイトメニュー

ボツリヌス製剤の作用

目元を触る人

注意点を守って施術をする

ボツリヌス製剤を利用して行うボトックス注入は病気の治療から若返りや痩身・小顔術まで、幅広い分野において活躍しています。エラ・ボトックスもその中の一つで、まるでエラを削ったようなシャープな輪郭になって別人のような小顔に変身する施術です。基本的にボトックス注入をした当日のうちから、洗顔・シャワー・メイク・クレンジングすべて大丈夫です。ただし、注入した部分を強く押したりマッサージだったりをしないように注意深く行う必要があります。そうしないとあとで腫れたり、痛みが出たりする可能性があるからです。もしも注入した部分が腫れたり痛みが引かなかったりするようであれば、施術をしたクリニックに連絡をして指示を仰ぐことをおすすめします。そうした異常が現れたとしてもたいていは3日くらいで収まりますが、1週間以上経過しても良くならない場合はクリニックに行って診てもらうのが無難です。また、報告によるとボトックス注入したあとに風邪に似た症状がでたり、頭痛がしたりする人がいるようです。しかしそのような症状が出たとしても数日で治るようです。その他にボツリヌス製剤が効きすぎるとまぶたが垂れ下がる眼瞼下垂になる人もいますが、この場合も半月くらいで改善します。
顔の幅は耳から下顎にかけての輪郭によって決まります。このエリアは俗に言うエラで、角ばっていたり幅が広がっていたりするのをエラ張り顔といいます。それも個性の一つと受け止められればいいですが、コンプレックスになって引っ込み思案になっているようならエラ・ボトックスをしたほうがいいです。ただエラの症状は人それぞれで、ボツリヌス製剤がよく効く人もいれば効き目が期待しているよりも薄い人もいます。自分で1人悩んでいても仕方がないので、まずは医師に状態を直接診てもらうと手っ取り早いです。エラ・ボトックスはすっぴんになって髪が長いならば束ねてから行います。スムーズにカウンセリングができるように、ナチュラルメイクで行くのがおすすめです。中にはボトックス注入ができない人、控えた方がいい人もいます。妊婦さんや妊娠している可能性がある女性は、万が一のことを考えてボトックス注入は控えたほうがいいです。注入にさきがけて医師やカウンセラーによる問診がありますので、その際に正直に申し出ることが大事です。また、現在なんらかの病気で通院している人、投薬治療をしている人も、正直に申告して指示を仰ぐ必要があります。病気や薬の種類によっては、医師の判断によりボトックス注入が見送られる場合があります。